Welcome to Seventh-Day Adventist Hachioji Church

セブンスデー・アドベンチスト|SDA|八王子キリスト教会

FrontPage

セブンスデー・アドベンチスト八王子キリスト教会へようこそ

牧師:堀 圭佑のショートメッセージ:2019年8月24日号

美味しい実

s_ミニニュース8月24日画像

 夏に食べたくなるモノは何でしょうか。私は、甘いミニトマトです。

 冷蔵庫に入れて冷やしたミニトマトを、喉が渇いた時に食べるととても美味しいです。

 数年前の夏、庭にミニトマトの苗を植えて育てようと試みました。

 最初はよく育っているなと思っていましたが、背が伸びて実がつく頃には、根元の方が白くなって折れてしまいました。

 残念だなと思っていたところ、沢山のミニトマトを頂き、ボール一杯冷蔵庫に入れて冷やし、毎日食べることができました。


 神は言われた。「地は草を芽生えさせよ。種を持つ草と、それぞれの種を持つ実をつける果樹を、地に芽生えさせよ。」そのようになった。地は草を芽生えさせ、それぞれの種を持つ草と、それぞれの種を持つ実をつける木を芽生えさせた。神はこれを見て、良しとされた。夕べがあり、朝があった。第三の日である。

<旧約聖書・創世記1章11∼13節 新共同訳


 神様は、1日目に光、2日目に水と空を造られ、3日目に海と陸地を造られました。陸地の上には、草木、そして、美味しい果樹を芽生えさせられました。

 今は、夏になると雑草が生い茂り、それを抜いたり刈ったりするのに必死です。そして、苗を植えても失敗してしまうこともあります。

 しかし、神様が草木を造られた当初は、生い茂る雑草に悩むことも、トマトの根元が萎えてしまうこともない、美しい光景が広がっていたことと思います。そして、ミニトマトも想像を超える美味しさだったのだろうと思います。

 陸地に広がる綺麗な自然を造られたのが、天地創造3日目の出来事でした。


powered by HAIK 7.3.0
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional