Welcome to Seventh-Day Adventist Hachioji Church

セブンスデー・アドベンチスト|SDA|八王子キリスト教会

初めに

初めに

 キャンプにて、湖の桟橋から打ち上げ花火を行いました。キャンプ場の周辺は明りがほとんどない場所です。また、夜になり周囲のキャンプ場が消灯すると本当に静かな暗さが訪れます。

s_ミニニュース8月10日画像

 真っ暗な空と、その空をうつす湖の中に立っていると、水平線も含め上から下まで真っ暗闇で、見つめていると吸い込まれそうな世界が広まっています。

 そんな暗闇の中で、打ち上げ花火を数発打ち上げました。

 私は桟橋で導火線に火をつけ、耳をふさぎながら急いで離れるというのを繰り返していたので、ほとんど見ることができませんでしたが、近隣のキャンプ場で夜空を眺めていた人たちが、花火を打ち上げる度に拍手をしていました。

 きっと、綺麗だったのだろうなと思います。

 打ち上げながら、頑張って打ちあがる瞬間の写真を撮りました。暗闇に突然現れる光は、とても綺麗なものでした。


地は混沌であって、闇が深淵の面にあり、神の霊が水の面を動いていた。
神は言われた。「光あれ。」こうして、光があった。

<旧約聖書・創世記1章2~3節 新共同訳>


 聖書の最初のページには、神様がこの世界を造った出来事が書かれています。神様がこの世界を造った時、まず初めに造ったのが光でした。

 何もない混沌とした所に突如現れた光。眩しいくらい明るいものだったと同時に、とても綺麗な光だったのではないかと思います。

「『光あれ。』こうして、光があった。」これが、神様が世界を造られた第1日目にされたことでした。

セブンスデー・アドベンチスト八王子キリスト教会 牧師:堀 圭佑

powered by HAIK 7.3.0
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional